忍者ブログ

Rutlmusicstudio

Counter

2017春M3のアルバムについていろいろ

いろいろのんびりとかいていきます。
すごい収穫でした。

(2016秋はCDが多すぎて全く手が回せませんでしたがちまちま聞いています)

1.始まりの伝達者 / Unknown-Dimension様
全ての曲において言えることは「心地いい」曲であるということです。
涼し気な雰囲気、温かみのある雰囲気、情熱を感じる雰囲気など、どの曲にも心地よさがあり聴いていて楽しい気分になります。
気持ちがここまで刺激される曲は初めてです…

Demoから気になっていた曲はTr4「ある執事の一日の始まり」
のびのびとした雰囲気から急に忙しそうなテンポに、妄想が膨らみます。

イージーリスニングの魅力が更に伝わるようなアルバムでした、私もこんな雰囲気の曲も作ってみたいですねー



2.WONDERLAND / Symphonic City様
途中まで聴いてから気付きましたが、ストーリーがあるんですこのアルバム。
Tr1の「ここは、どこ?」にものすごく深い、まさに映画のトレイラームービーのような物語を感じました。
オーケストラの盛り上がりが気持ちよく、本当に劇場がありそうな雰囲気が素敵です。

Tr3の「対峙する魔力」のバトルな曲が好きです、脳内で魔法使いが戦い合う姿が浮かび上がります。
Tr5のピアノはびっくりしました、こんなに感動するような曲があるなんて思っていなかったです。ピアノソロは泣かせるようなものが多いのですが私はあまりそう言った感じを受けることがあまりなくて…この曲は私にとっても特別です!



3.Our Fate / Tsurugi(kt of 24)様
非常に力強く、情熱的なアルバムです。あの壮大なコンピレーションアルバム「ONNUEHO4th」にもある楽曲「魔法 -慟哭-」も入っており強烈な印象を与える曲だらけです。
とにかく勇気を与える熱さが素晴らしいです、元気になりますよ。

Tr3は特に気になっていました、パワーを感じる楽曲です。
EDM風スネアは本当に心地いいこと、壮大さとうまく組み合わせられておりとてもかっこいいです。



4.まほうつかいを探しに / 四月隠者様
何となくRPGのようなストーリーの流れを感じました、魔法と物語をイメージさせます。
日常的な雰囲気の曲から始まり何やら物語が展開していくように、タイトルにも注目です。
本当に想像力が働きます、何か台本とか当てれそうです。

Tr7の「最先と最果て ~旅の老人:世界を巡る賢者の魔法~」はまさしく「すべてを物語っていそうな」雰囲気を感じます。悲し気な感じもありながら気持ちがリフレッシュできる曲です。


ここからはコンピレーションアルバムです。

5.KISS/CRY / 152Hz様
フィギュアスケートで使用される楽曲を想定したコンピレーションアルバムです。私の楽曲も入ってますよ。
やはりフィギュアスケートというのもあり氷のような冷たさを感じるひんやりした雰囲気の楽曲が多いです。クラシックなものもあります。
フィギュアスケートコンピレーションとは雰囲気だけではない、作曲家さん側が演技も想定しているところもあり時間の制限も守っております。
ここまでしっかりしたコンピレーションはそうそうないと思います…



6.おんがくしつ2 / EBI Zanmai様
このアルバムに関しては本当に主催様には感謝しかありません…

子供心を思い出させるような楽曲が集まっているコンピレーションアルバムです。
おもちゃの効果音や、リコーダーなどといった優しい楽器を利用したり
子供の頃に考えたことを連想するようなテーマの楽曲などいろんな表情のものがたくさんあります。
心があったまる雰囲気が素敵でとても安らぎます。なんだか聴いていてこの空間がいいな…と不思議な気持ちにも



今回買えたアルバムは少なかったですが内容は本当に濃厚でした。(去年秋でも全部把握できないくらいでしたけどね…(笑))
では、また秋に~

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
δ(でるた)
性別:
非公開
趣味:
作曲とか
自己紹介:
ある日、突然ギリシャ語キーボードから飛び出してきた文人(もじん)です(爆
作曲していたりアクションエディターでゲーム作っていたりします。

P R

フリーエリア